食べすぎ飲みすぎ要注意! 忘年会シーズンの体調管理

今年も来ました忘年会シーズン!美味しいお料理やお酒を目一杯楽しみたいところですが、やはり体も労わりたいもの。そこで今回は忘年会シーズンの体調管理についてまとめました。

・二日酔いはどうして起きる?

飲み過ぎた翌日に襲ってくる二日酔い。

アルコールの利尿作用に加え、肝臓が体内の水分を使ってアルコールを無毒化するため、体に水分が足りない「脱水」の状態になっていることが考えられます。

二日酔い対策は、なにはともあれ水分摂取。水1L以上を摂りながら、お酒を楽しむのが理想です。また、寝る前にスポーツドリンクを多めに飲むのもおすすめ。翌朝スッキリとした気分で目覚められます。

・やっぱり飲み会は食べ過ぎちゃう…こうして体重キープ!

摂りすぎたカロリーは一旦肝臓に蓄積されて、そのあとに脂肪に変わります。食べ過ぎたからといって、すぐに太ってしまうわけではありません。しかしご馳走続きの年末年始。食べ続けしまうと、カロリーが消費されず体に脂肪がついてしまいます。

飲み会前後の食事は、栄養バランスに気をつけて軽めを心がけて。

階段を使う、テキパキ動いて家事をするなど、意識してアクティブに動くと代謝がUP。体に脂肪を溜め込みにくくなります。

・飲み会に家族が参加するときは、こんなフォローを

お子さんも参加OKの気軽な飲み会であれば、分煙に配慮された個室を選びたいところ。最近では、キッズスペース完備の居酒屋も増えているようです。お子さんの生活リズムを乱さないよう開店時間に合わせて集合、早めの解散をお忘れなく!

体にも気遣いながら宴会を楽しみ、今年の苦労をねぎらいましょう!