夏は自律神経を乱す要素がいっぱいなんです。。。

毎日、湿気との戦いですね><
何かとよく話題にのぼる「自律神経」詳しくご存知ですか?

交感神経と副交感神経の二種類があり、意志に関係なく体を動かしてくれているのがこの自律神経系。

呼吸したり、心臓を動かしたり、汗をかいたり、意識してないと止まっちゃうなんてことになったら大変な部分をいつも休まず動かしてくれている働き者の神経です。

ですが、この自律神経系、結構デリケート><

いろんな物の影響で、すぐにバランスが崩れてうまく機能しない状態に…。

特に夏は、様々な環境で神経バランスを崩しがちです。

蒸し蒸しの「湿気」
欠かせない「冷房」
今年は特に「運動不足」

日本の夏は特に自律神経系にとっては過酷な環境です。
そのバランスを整えるには、二つの自律神経を適材適所で働かせるのがいちばんです!

例えば睡眠中^^

睡眠中は副交感神経が優位だとぐっすり快眠できるんです♪

ただ…寝苦しかったり、姿勢が悪かったりすると、交感神経が優位のままになって何回も夜中に目覚めたり、朝全く疲れが取れないことも。。。

副交感神経を優位にするカギは「腹式呼吸」にあるんです。

仰向けになると人間は自然と腹式呼吸になるはずなんですが、現代人は体が凝り固まってるので、ただ横になっただけだと、ほとんどの人は胸式になっちゃってます><

それが、当院の全身炭酸調整を受けると、あっという間に腹式呼吸になるんです!!

腹式呼吸=副交感神経優位=熟睡

睡眠中にしっかり副交感神経優位に持っていっておくことで、朝目覚めた時に交感神経が優位になり、快適に過ごせます♪

ちなみに、自律神経が整うと気分のアップダウンも落ち着きます><

夏バテ、疲れ、夏うつ対策になる全身炭酸調整を快眠のお供にオススメします♪